<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

渓谷をお散歩

晩秋の等々力渓谷へ。


f0162319_19115159.jpg


f0162319_19234817.jpg


銀杏の大木が見事に色づいたお不動さんを抜けて、
渓谷への長い階段を降りると・・・。

日当たりのよい場所は織る錦。
どんぐりもたっくさん。

f0162319_19131862.jpg


渓谷沿いは少し寒かったけれど、陽の光が川面に反射して美しかったです。

f0162319_1917565.jpg


f0162319_1912818.jpg


f0162319_19122069.jpg



長い階段を上り再びお不動さんへ戻ってくると、
境内では落ち葉を舞い上げては大喜びする子供たち。
なにかに包まれているように安心してはしゃぐその姿をみていると、
俗にいうよい気が流れているってこんな雰囲気のこと言うのだろうなぁと
ご夫婦の会話が聞こえていて、深く納得。

f0162319_19114119.jpg


f0162319_1912016.jpg



どの季節にきても清々しい気分で帰途へつく世田谷区の等々力渓谷です。










[PR]
by cafe-elefante | 2013-11-24 19:26 |  薔薇以外の写真 | Comments(2)

non sta nella pelle

表題のイタリア語、直訳すると皮膚の内側にはもう無い。
要は「待ちきれない」、その想いは体から飛び出している。
ぼんちゃんが幼稚園へ行きたい気持ちを表現した時に使いました。
おもしろい表現だなぁ。と。

イタリア語、細々と続けてきたけれど、ちょっと停滞気味。
気力やらなにやら色々と。

幼稚園の行事が続いて1ヶ月学校へいけずでも月謝は支払い・・・
来春からこの展開が増える事は容易に想像できる。
もう辞めようかな夫にいった時の決まり返句、
「日本の日常でまず使わない言語をそんなに長く頑張れるんだから辞めるなよ」と
励ましなのか何かよくわからない励まし。

イタリア語を離れる事を考えると(あの場所は必要だ)と
心の拠り所になっているのを自覚し、もう少しやるかなぁと思うけれど、
全然勉強する気持ちになれないからまだ決められず。(ゆらゆら~)

長いイタリア留学から戻った友達は「もうイタリアいいや」と宣言して
しばらく休んだ後、「やっぱり辞めるの辞めた」とカムバック。
ぐるぐると何かが頭を巡っている時はそこからちょっと離れる・・・でもいいのかな。

*

最近、幽庵焼きばかり焼いています。
柚子やかぼすなどの味がほんのりかおる冬の焼き魚いいですよねぇ。
写真はひらまさです。

f0162319_23375992.jpg


先週のある日の夕食は、
幽庵焼きとかぶのすりながし、煮豆、サーモンサラダ、白米、お新香。
和食はいいですね。


以前のさごしの幽庵の記事↓
http://iltavolo.exblog.jp/10192419







[PR]
by cafe-elefante | 2013-11-18 22:41 | イタリアとイタリア語 | Comments(0)

ひと息。


寒いですね。 
いっきに冬がやってきて、季節の変わり目に使う薄い上着の出番があまりなく、
コートやダウンを出しました。 
ついでに三年ぶりくらいに(←妊娠前)クローゼットの大掃除。 
残った服は少し頑張って買ったベーシックな物が多く、
これらを買い足す洋服の基準にしようと。

毎日幼稚園に送迎が始まると意外と服がいるよ〜と友達。 
先日無事に来春から通う幼稚園が決まりひと息ついてます。 
送迎用の自転車買ったり縫い物したり地味に準備を始めますが、
いく場所が決まると心身共に動きが軽くなりますね。 

知り合いのママ仲間は職場復帰前、預け先の保育園が決まるまで、
毎晩自分が何の用意もせずに高校受験してこれじゃ困る!という
夢にうなされたらしい……笑 

久しぶりに緊張した日々だったけれど今までも学校や職場、異動先に引越し。
ずっとこんな気持ちを繰り返してその時なりにクリアしてきたなと。
今後もなんとかやっていけるかなぁと思いたいところ。
と、前向きな気持ちを書きたかった本日デス。






[PR]
by cafe-elefante | 2013-11-10 20:40 | 日々のこと | Comments(0)

ウンベルト・サバ詩集より~薔薇についてのヴァリエーション

f0162319_764899.jpg



人工と自然が、きみの魅力を

とりどりの色に変えるが、ぼくの中では

海が青なのとおなじで、きみに

そぐわせる想いの色はただひとつ、紅。





ウンベルト・サバ
須賀敦子訳



*


ひさしぶりにサバおじさまの詩を。
深紅の薔薇はレッドインテュージョン。
マーブルが印象的でした。


この詩、私がイタリア男性だったらプロポーズの時に使いたいなぁ。。
なんて。
[PR]
by cafe-elefante | 2013-11-04 07:15 | ~ウンベルト・サバ詩集より~ | Comments(0)

日々のこと、写真など・・


by kimmiy
画像一覧
更新通知を受け取る