人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

結婚式

週末は友人の結婚式に出席
f0162319_82126.jpgf0162319_822958.jpg









f0162319_824066.jpgf0162319_824986.jpg









花嫁うつくしかった♪
ブルーアイズの長身でカッコイイ!ご主人とお似合いでした^^
大事な友人のあたらしい人生のスタートをお祝いさせていただけるのってとても幸せ・・・
彼の国で暮らすことになる彼女とは、今までのように会えないと思うとしんみりするけれど
ダイスキな彼と彼のあたたかい家族に囲まれて、彼女は幸せだものね

Sちゃん、いつまでもお幸せに・・・
by cafe-elefante | 2008-06-30 08:16 | 日々のこと | Comments(0)

ウンベルト・サバ詩集より「ミラノ」


f0162319_21492785.jpg


石と霧のあいだで、ぼくは
休暇を愉しむ。 大聖堂の
広場に来てほっとする。 星の
かわりに
夜ごと、ことばに灯がともる。

生きることほど、
人生の疲れを癒してくれるものは、ない。


ウンベルト・サバ   須賀敦子訳 
1998年みずす書房
by cafe-elefante | 2008-06-27 21:50 | ~ウンベルト・サバ詩集より~

いんげんのサラダ

いんげん、今が旬ですね
f0162319_1043571.jpg

















1年中みかけるけれど、サラダにするなら今のものが向いてると思います
f0162319_10443557.jpg















ゆでて、ソースをかけてできあがり♪
アイデアは「ル・クルーゼで料理」ゆっくりつくる編 平野由希子著を参考にしました~
でも実家で作ったので普通のなべで挑戦^^;
その時は、沸騰したお湯にいんげんをいれ5,6分ゆで
ソースは、たまねぎのみじん大1、オリーブオイル大3、しお・こしょう(割と強め)で完成

ルクで作る場合はゆで方がちがいますし、
ソースに白ワインビネガーなとが入っていました
ルクを使われてる方は本を参考にしてみてください^^
by cafe-elefante | 2008-06-27 10:51 |  野菜料理 | Comments(0)

禅と花と

「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」

この言葉は禅語で唐時代の詩の一節です
詩の全体解釈は生と死の無常ですが、この一節だけを解釈すると、

 花は時期がくれば同じ花を咲かせてくれるが 人はいつも同じではない

と受け取ることができます

これは、先日のお茶事で、お家元の奥様のお話の中で一瞬語られた言葉
でも、結婚して1年のわたしには、深くひびいた言葉でした
長い会社員生活が終わり、専業主婦となり夫との新しい家族生活が始まって、
変わっていく関係、変わらない関係、変わらないでいてくれる関係に
おもいをめぐらせていた時期だったからだと思います



最近、再びこの禅語を思い出しました

先日、ターシャ・テューダーさんが92歳で神様の元へ召されたと知った時です
NHKで繰り返し放送されていた、絵本作家の彼女の人生と庭と
19世紀のままのライフスタイルにはたくさんのメッセージがこめられているように思い、
DVDに録画してくりかえし観ていました

ターシャはもうあの場所にはいないけれど、
彼女の愛が込められた美しい庭は、いまもっとも華やかな時期を迎えているようです
これからも、花はそこに咲きつづけるのでしょう
by cafe-elefante | 2008-06-26 18:10 | 日々のこと | Comments(0)

バニラアイス&バルサミコ

f0162319_11455742.jpg


以前、スズキのソテーの記事で紹介したイタリア・モデナのバルサミコ酢、tondo
残りも少なくなってきたので、知人のイタリア料理店のシェフから教わったように
バニラアイスにかけてみました♪

バニラにチョコはわたしがダイスキなコンビですが
それと比べると、バルサミコの場合は食後のお口の中はさっぱりしています



tondoは濃厚でドロっとしています
日本のスーパーやデパートにあるバルサミコ酢はバシャっとしてるので
そのまま使うとあまり向かないかもしれませんが、
それにグラニュー糖を加え少し煮詰めると濃厚バルサミコソースに変身します

その際は、お酢を煮切る事になるので、換気扇をフル回転で!
お酢を煮切る時に出る成分は、ガスと似た物質を含むので、
換気が弱いと火災報知器がなってしまいます

鳴ってしまうとセコムのお兄さんが飛んできて「お料理中でしたか?」と聞いてくれて
隣のおうちの奥さまが飛び出してくる事態になってしまいます

なぜ、そんな事知っているかって?
まぁまぁ・・・・^^;
by cafe-elefante | 2008-06-26 11:48 |  ドルチェ・甘味・パン | Comments(0)

豆もやしと豚肉のごはん(コンナムルパプ)

大学時代の友&ベビー(1ちゃい)と我が家でベビーのお誕生会ランチ
メインに豆もやしと豚肉のごはんをつくりました
実家の母が料理教室で習ってきて、私に教えてくれたメニューです
f0162319_20214651.jpg
  












見た目はちょっと地味ですが、簡単でとってもおいしいので、お奨めです^^
作り方は、材料を炊飯器に入れてボタンを押すだけ!

タレはこちら↓ 程よく辛くておいしいですよ~
f0162319_2022747.jpg










このお料理の韓国名は「コンナムルパプ」、タレは「ヤンニョムカンジャン」
レシピはネットにあったのでリンク はりますね
サイトでは土鍋を使用してますが炊飯器でも問題ないです
炊飯器に豆もやしだけを入れて炊き、レシピのタレに”粉とうがらし:大1”をまぜるとより簡単!

作ってみて大事かなと思った事、それは”粉とうがらし”
わたしは母から分けてもらったものを使っていますが、もし韓国や韓国料理にくわしい方が近くにいらしたら、その方においしい粉とうがらしを紹介していただくといいかと思います

*
さて友達のベビーちゃん

数ヶ月前は、我が家で初寝返りを披露してママと私を大喜びさせてくれましたが、
13ヶ月目の現在、力強くつかまって歩いてます!
「kimmiy~」って呼んでくれるのはいつかしら? たのしみだな♪
by cafe-elefante | 2008-06-25 20:25 |  肉料理 | Comments(0)

みたらしだんご

f0162319_9233416.jpg













きみは いつだって ぼくのきたいに こたえてくれる
くんにゃり あまく ちょっとしょっぱい
きみは よっつでも ふたつでも いけない
ぴかぴかひかって みっつで かんぺき



なんて、愛するみたらしだんごをちょっとうたってみました
いなば播七 のおだんごです
いつも追分だんごのみたらしをひいきにしてますが
いなばの鎌倉小町通り店が百貨店の地下に出店していて、買ってみました
追分のよりは大きくて、蜜が濃い目
おしょうゆとお砂糖の味がしっかり!です^^
by cafe-elefante | 2008-06-25 09:26 |  ドルチェ・甘味・パン | Comments(0)

ぷりぷりエビのパスタ

f0162319_1855335.jpg


大好きなエビのパスタ
エビもパスタも消化がよいので、おなかにやさしいメニューです


オリーブオイルでにんにくをいため、香りが立ったらエビを加え、しお・こしょう
半分ほど色がかわったら白ワイン大2~3を入れてフランベ←(アルコールを飛ばす)

ゆであがったパスタをフライパンのソースとからめ、塩加減を確認
皿に移し、熱いパスタの上にパルミジャーノ・レジャーノをたっぷりかけて、できあがり

 + 殻つきのエビの場合は、外した殻を入れてフランベするとコクが増す
 + エビに火が入り過ぎないように注意
(約10分)

できたてあつあつ♥をどうぞ!
by cafe-elefante | 2008-06-24 18:08 |  魚料理 | Comments(0)

タコとじゃがいも

f0162319_953838.jpg


















新じゃが、そろそろ皮も厚くなってきましたね ^^
でもまだまだ水分もおおくおいしいと思います

このメニューは、じゃがを温野菜レベルまでチンするか、
ほくほく目にゆでてから刺身用のタコと炒めるシンプルなもの。
じゃがに焼き目をつけ、しおを多めにするとビールにも合うかな?

わたしはオクラをあえましたが、パセリやネギなどでミドリをおいてもよさそうですね
味付けはしお・こしょうだけ
おなかにやさしく・・・の場合は、タコではなく、タラがおすすめです♥
by cafe-elefante | 2008-06-24 09:53 |  魚料理 | Comments(0)

ウンベルト・サバ詩集より「犬」

f0162319_21111071.jpg


『三枚の水彩画』から

会 話


「イヌは
見ればわかるが
あらゆる愛情に
はだかでいる。

ヒトよりも足りなくて、
より多くもっている、
ぼくからは、ああ、
ずいぶん遠い!

疑うということが、
まあ、ない。
ちょっと迷って、すぐ
決める。

なにをもらっても、
まちがいなく、よろこび、
ゆっくり、あるいはすぐさま、
口にくわえる。

じぶんの
知らぬものは、
すぐにさとって
しりぞける。

平和なときも、
ときには闘うときも、
あいつもヒトみたいに、
判断をあやまり、

じぶんより強い
ものに道をゆずる、
無情な運命に
たいしても。

それで損をしても、
けっして恥ずかしがらない。
そして、すぐに
もっと欲しがる。

完璧な
肢体をそなえた
カミのようだと、
おもわないか?」


ウンベルト・サバ   須賀敦子訳 
1998年みずす書房
by cafe-elefante | 2008-06-23 21:12 | ~ウンベルト・サバ詩集より~

日々のこと、写真など・・


by kimmiy
画像一覧
更新通知を受け取る