晩秋の色、冬の足音


f0162319_20595515.jpg


今朝は近づく冬を感じさせるような冷たい北風が吹いていた。
風邪気味な私は厚いダウンを着込んで友人に会いに都内へ。

f0162319_210675.jpg


途中、立ち寄った神宮外苑。
日当たりのよいイチョウの葉はすでに落ち始めているのに
まだ色づく前の木もあったりと、様々。

夕陽に輝くイチョウをiphineで沢山撮影。
そんな撮りたてホヤホヤをUPしたくて今日3回目の更新。

秋もゆきますね。
今年の冬は何をしようかな。
[PR]
Commented by honeyfire at 2010-11-24 22:03
日本はまだ温かいかと思ってたら、そちらも冬の足音が聞こえてきてるのですね。今頃の季節の光の中では紅葉も美しいですが、一本一本の樹木の枝も繊細にくっきりとした輪郭で影絵のように美しいですよね。

前回の夕暮れの写真は色彩がアンリ・ルソーの絵を思い出しました。彼は南の国のエキゾチックなモチーフをよく描いてますが、kimmiyさんの撮られた先の尖った銀杏の木にもこの独特な色彩が合いますね。
Commented by cafe-elefante at 2010-11-24 22:50
miraさま
ここ数日でまた寒さが戻ってきて本格的な冬も近そうですが、
関東辺りでは陽が出ていれば日中はまだ暖かです。

樹木の枝も冬の風景の一つとして絵になりますよね。
ルソーの絵の世界、わたし好きなんです。
確かに配色が少々幻想的ですねぇ。
イチョウの先端の空も・・。
そう言っていただけてうれしいです。
箱根でルソー展があったのですが気づいた時はすでに帰途で
ちょっぴり後悔・・なのです。


by cafe-elefante | 2010-11-24 21:09 |  薔薇以外の写真 | Comments(2)

日々のこと、写真など・・


by kimmiy
画像一覧
更新通知を受け取る