彫刻のある風景 ~大木達美さんからの贈り物~

先月、興味深い美術展がいくつかあり足を運びました。
その一つ、府中市美術館のターナー展を訪れた帰り、バスを待つ間に美術館のある大きな公園を
ふらりと散歩していたらベンチでリラックスして語り合う二人に遭遇。

広い芝生の公園の、割と目立つ場所に風景にしっくりとなじんでその彫刻はあり、
撮影後、少し離れて彫刻を眺めていたら子供達やウォーキング中のご夫婦などが彫刻の隣に座り、
時には彫刻に触れたり覗き込んだりしていました。
そんな風景を見つめながら私は、彫刻家大木達美さんの言葉を思い出していました。

*

”日本で新しい町作りをしていますと、昔みたいに鎮守の森のお社とか大きな杉の木がなくなって
人間が生きていく為の拠り所がなくなっているのに気付きます。
歴史を見ると、イタリアなどヨーロッパの古い国では、町の様子が変わらないために、
500年前の絵と同じように残っているのです。
こういう環境に住むと人間は落ち着くのです。
日本もいよいよ、そういう装置が必要になってきたのではないかと思います。”

”彫刻とは大変贅沢な空間を必要とします。
無理やり置いても駄目ですが、都会に生きている人間にはそういう空間がなければ
ヒューズが飛んで、イライラするばかりでしょう。
もっと心を大切にした生き方があって良いのではないでしょうか。”

*
f0162319_15495816.jpg


この言葉は大木達美さんの作品集「ART IS LONG LIFE IS SHORT」から引用させて頂きました。
私が大木達美さんの言葉や作品を知ったのは大木さんの奥さまkazukoさんを通じて。
kazukoさんもエキサイトでブログを書かれている縁で相互リンク頂き、
昨年初夏のkazukoさんのブログ開設1周年記念品の作品集プレゼントに応募して送っていただきました。

「彫刻にくわしくない方でもわかりやすい作りになっています」というkazukoさんのお言葉に甘えて
応募したのですが、数々の大木さんの作品と上記の二つの言葉を読んだ時に大きく気付かされる事が
沢山ありました。
時々、発展しているけれど何か寂しい街に降り立った時の荒涼感の理由に気付けたのもその一つ。
以来、国内外の街を訪れるたびに街角の彫刻や美術品を探すようになりました。
みつけるとちょっとほっとしてみたり・・・

作品集の中で、私がもっとも好きなのはこちら。

f0162319_15502680.jpg
f0162319_15503843.jpg


大木さんが”イタリアの母”のような存在だった方を亡くされ、病床にある人にやすらぎを与えられる
作品を制作する事を思われた時のもの。
陽に透かされた石の真ん中に神様がいるように見え、石なのに温度を感じて
目にした時は涙があふれてきました。
同時に幼少時代を過ごした街の大きな公園にあった、陽差しをたっぷり浴びた彫刻に触った時の
あったかい石の感触を思い出しました。

kazukoさんは現在大木さんの作品製作地だったイタリア・カッラーラで大木さんの作品に囲まれて
B&Bを営まれています。
2001年大木さんは53歳で他界されてしまいましたが、作品や彫刻がある空間への想いは
大きな存在として残っています。
カッラーラはイタリア料理留学時代に訪れた思い出の場所。
いつかkazukoさんと大木さんの作品を訪ね、再訪したいなと夢みています。

身近なところでは渋谷109の横で大木さんの作品に触れることができます。
賑やかな渋谷の交差点を行きかう人たちを優しく眺めているよな作品”時の化石”です。
f0162319_13195457.jpg

(2009年2月撮影)





2.martedi Marzo
[PR]
Commented by mira at 2010-03-03 03:39 x
このベンチに座っている二人の彫刻、素敵ですね! 彫刻なのに、まるでいのちが通っているかのように、二人が空間をしみじみと味わっている情感が伝わってきます。

本当に拠り所の在る生活環境というのは心身の調和にとってとても大切ですよね。それに潤いのある生活を営む為には、ゆったりとした空間も大切ですよね。

”彫刻とは大変贅沢な空間を必要とします" この言葉にも共鳴します。
以前ミュンヒェンでジャコメッティの彫刻の展示会を観に行ったことがあるのですが、その時に一つ一つの彫刻が置かれているゆったりとした空間が活かされていて、彫刻が一層引き立っていました。その時に空間の大切さを実感しました。

大木さんの作品集の二枚目の作品、私もとても気に入りました。神がおわします聖域のようですね。確かに石なのにろうそくの灯火の様な温もりが感じられますね。
Commented by cafe-elefante at 2010-03-03 09:23
miraさま
いつも暖かいコメントをありがとうございます☆
ベンチに座っているなんて、粋な彫刻ですよね。
府中の街には初めて降りたのですが、ここは暮らしやすい街だろうなぁと思ったので、府中育ちの友達にそれを伝えると
「府中に住むと他の街にはなかなか出て行かないのよ」との事でした。
でも駅前の再開発でだいぶ街が変わってしまい昔のほうがずーっと
情緒があったそうだけど・・・。(これはどこの街も同じ問題かな?)

でも友人が外の街にいかないという言葉を聞いて、大木さんの言葉にさらに深く納得しました。
欧州の人もそのような環境が残っている街出身の人は故郷を深く
愛してますよね。イタリア人は特にそんな気がします。

そちらも身近に芸術があるでしょう?いいですね。
彫刻の展示会、想像するだけでちょっとなごみますね。
私の街は文句つけられないくらい物質的な環境に恵まれた所ですが、
絵一枚、彫刻一つも無いのが寂しいです。

触れていないのに暖かく感じるのが大木さんの作品という印象です。
きっとほんとに優しい方だったのだろうなと思います。^^
Commented by galleriaarsapua at 2010-03-04 16:37
作品集のコトバでkimmiyさんが街づくりに対してそして人と芸術品のあり方に対してここまで掘り下げてそして身を以て感じてくれていて本当に嬉しいです。
この本を作った目的が果たせたような気がします。
皆に見られて愛される彫刻は出来上がった時点よりも生き生きとしていてよくなります。
芸術品ってなんだか不思議です。
朝から気持ちが嬉しくなりました。ありがとう。
Commented by cafe-elefante at 2010-03-04 23:57
kazukoさん
いえ、こちらこそ大木さんご夫妻から貴重な贈り物をいただいて、
大きな謎が溶けたました。
以前も少し話したかもしれないけれど、子供時代は文化が身近にある
城下町に暮らし彫刻も公園に沢山ありました。
もう家族は誰もいないその街ですが、行くとほっとする意味と関東に
なかなか馴染めなかった理由がようやく理解できて、同時に
イタリアの街に行くと故郷と同じような落ち着いた気持ちになれる理由も
わかったんですよ。
これからも機会があればいろんなところで紹介していきたいと思っています。^^

by cafe-elefante | 2010-03-02 16:10 |  薔薇以外の写真 | Comments(4)

日々のこと、写真など・・


by kimmiy
画像一覧
更新通知を受け取る