タグ:おなかにやさしいレシピ ( 110 ) タグの人気記事

f0162319_22330008.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もマイペースでブログを続けていきますので、
どうぞよろしくお願いします。

今年は少しだけおせちを作りました。
左上から時計まわりに、
かざりかまぼこ、柚釜(ゆがま)、ぶりの照り焼き、さつまいもの煮物。
それぞれ一人分を小さなお重につめました。

お肴はさわらにする予定でしたがさわら漁は26日(日曜日)に終了したとの事でぶりに。
本来お重には保存の利くものばかりが並ぶ事を実感しました。
柚釜はくりぬいた柚子に三杯酢和えた大根おろしといくらを。

今春には正式な茶懐石の場も待っています。(いまから若干緊張)
今年も懐石料理の勉強を続けていこうと思います。

*

今年の目標はよく笑うこと。
そしてどうでもいいことは水に流すこと。
水に流す・・意識して行うとなるとなかなかの高等技術が必要な気もします。
でも物事を直視しない余裕も大人のなせる業ですよねぇ。
そう、わたしはもう大人大人。←自分に言い聞かせる
で、よく笑うことの事始めとして今月は幼稚園のママ仲間達と吉本新喜劇へ行ってきます。笑








[PR]
by cafe-elefante | 2016-01-03 00:11 |  魚料理 | Comments(2)

パプリカとトマトの冷製

f0162319_13515046.jpg


トマトとパプリカの冷製。
ドレッシングは夫の沖縄みやげ、シークワーサードレッシング。
さっぱりしていてちょっと甘くて、夏野菜にあいます。
さすが南国の果物シークワーサー。

f0162319_13515643.jpg


トマトは湯むきして種を除き、
パプリカはグリルで表の皮を焦がして氷水にとり皮むきしたものです。

トマトの皮と種は消化がよくないので、
除いてしまっておなかにやさしいメニューに。


*

ビジネス研修で沖縄へ行っていた夫。
またサーフィンやジェットスキーしてきてハワイの時より日焼けしてきてた~
研修でサーフィンっていつも楽しそうな会社だな。
日頃の仕事はとても大変そうだけど。

新婚の頃は夫が長期間いないとさみしーなんて思っていたけど、
いまではごはんつくらなくていいからラク~って感じで。
時は流れるよ。確実に。笑 (お互いね)
この流れ、オススメとは思わないけど悪くないと思います。
夫婦の時間の中でそんな時代もきっと彩りね?多分ね。

まだチビが離乳食だから外食はできないけど、
もうちょっと子供が大きくなったら夫留守時には
2人で夕食外ごはんなぞしたい。
もっと楽になるわ。楽しみだ。
[PR]
by cafe-elefante | 2012-06-12 14:02 |  野菜料理 | Comments(0)

f0162319_2234835.jpg


先月のある日、(恒例の)mineちゃんと我が家でディナー。

今回mineちゃんが作ってくれたのはシチリアのパスタ料理、
スパゲッティ アッラ ノルマでした♪
ソースににんにくを使わず、チーズはパルミジャーノではなくリコッタを使用するのが決まり。
強めに塩をして揚げたナスとトマトソールをからめていただくヘルシーな1品。

温野菜のサラダに豚シャブを和えたものとバジルのチャパタは私が用意。
ドルチェはmineちゃん作でコーヒー?のケーキ。
いちおこれは試作品との事だったけれど美味でした。

1歳のぼんちゃんも食べられる材料で作られたPasta alla Norma。
息子、もちろんすごい勢いで食べる食べる!美味しいもんね。
1歳から本物の味ね~・・・うらやましい。



以上の話をイタリア語学校で報告。(また)

「わ~お!美味しそう!!」と言った後で先生、
「にんにくは入ってないでしょ?チーズはリコッタでしょ?」とすかさず確認。

これはきっと”日本料理の先生のイタリア人の友達が作ってくれた
お赤飯を食べたというイタリア人”に向かって私が、
「お豆はあずきでしょ?ごまは黒ゴマでしょ?塩も軽くふったでしょ?」
と聞くのと同じと思われました。

NORMAはイタリアの古い女性の名前で
シチリア出身のベッリーニ作のオペラ「NORMA」が名前の由来との事です。
[PR]
by cafe-elefante | 2012-04-07 22:52 |  野菜料理 | Comments(0)

年明けから、毎日1杯いただいてるフルーツ甘酒。

米麹、おかゆ、水で作った甘酒に、細かく刻んだフルーツを1晩漬けて出来上がり。
米麹と使っているのでノンアルコールで、ほのかに甘く飲みやすいです。

りんご。
f0162319_2240956.jpg

f0162319_22412890.jpg

いちご。
f0162319_2243678.jpg


自家製甘酒は昨年11月末に発酵食堂「豆種菌」の甘酒教室で教わりました。

酒、味噌、醤油、みりん、酢・・・日本人にとって食卓に欠かすことのできない発酵食品はすべて
ニホンコウジカビ(黄麹)という東アジアの中でも日本にしか生息しないカビが作用していて、
このカビは2006年国菌に指定されたとの事。

上記のような内容に加え麹の栄養素の講義などがみっちり3時間。
でも、どの話もとても興味深くひたすらメモを取りあっという間でした。


さて、甘酒。
江戸時代は夏に飲まれていた滋養食品で、夏の季語でもあるそうです。
市販されている甘酒と違い、自宅で温度管理をしながら8時間かけて作る生甘酒には
飲む点滴と言われるほどの栄養素がたっぷり。

必須アミノ酸全種+α、吸収率90%以上のビタミンB群、麹からしか生成されない
コウジ酸などを含むすぐれ物。
腸内環境を整える植物性乳酸菌なので整腸作用もあるジャパニーズヨーグルトでもあります。
(市販のヨーグルトは乳糖を餌に繁殖するので動物性)


今は毎日いただいて風邪知らず。
とはいえ、甘酒に頼るのではなく、
気持ちの持ち方や運動などバランスよく過ごすのが前提ですけれどね。

甘酒には野菜や肉、魚も漬けることが可能で、
今はしゃけを漬けこんでいます。
また後日UPします。


少し長くなりましたね。


みなさま、どうぞよい週末を!
[PR]
by cafe-elefante | 2012-01-20 23:38 |  スープ・お椀 | Comments(2)

f0162319_21364329.jpg


街でうわさの塩こうじを購入。
お店で頂いたおすすめレシピにあった「たら」「きゅうり」を使って2品を作ってみました。
といっても塩こうじを食材に塗るなり漬けるなりして1~2時間寝かせるだけだけなので楽ですね。
きゅうりにはお水に塩とお酒を入れて沸騰させて茹でたササミをアレンジしました。

感想は、お料理の腕が一段上がった感じです。笑
コクがでるのかしら。
自分としてはきゅうりの一品のほうが甘みも感じられて食べやすかったです。
塩こうじだから塩見が出ますからね。


*

来週は麹を使ったお料理教室へ行ってきます。
色々勉強して、先々はお味噌やお醤油も自作できたらいいな。

甘酒は炎症性腸疾患の炎症性サイトカインの産生を抑制する効果と(←ムズカシイネ・・)
腸内細菌の改善作用がある(ラット実験)と学会(2011.5日本消化器病学会)で
発表されたことも学びたい理由のひとつです。

あとジャムなぞも自作したいなぁ。
今後は体にいい食材をさらに意識して摂取していきたいわ♪と考えています。
どなたか美味しいレシピをご存じの方がいらしたらぜひぜひご教授くださいませ♡
[PR]
by cafe-elefante | 2011-12-13 22:21 |  魚料理 | Comments(2)

f0162319_13515287.jpg


秋になると暖かいスープが恋しくなります。
今回はインカのめざめを使いました。
スープに加えると普通のじゃがいもよりも、口当たりがいい感じ♪
お味もいいですよね、インカさん。

今回のスープの材料は、

赤パプリカ、人参、セロリ、アスパラガス、ベーコン、インカのめざめ。
塩、こしょう、少々。
スープは・・・無添加のスープの素使用です。(←らくちん。わはは)

*

インカのめざめは黄色が強いので結構あざやかな色のスープになりました。
電球の下で撮影したのでちょっと赤が強いかな?

この品を作る時は”この1品でたくさん野菜を摂れる!”と思えて、
お料理していてもちょっとワクワクします。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-10-11 14:16 |  スープ・お椀

f0162319_11421839.jpg


しばらくの間、外食ができなくなる前に行っておきたいお店。
という理由で頭に浮かんだのがイタリアン「カノビアーノ」代官山本店のお料理。

美味しい野菜に定評があるこちらのお店はコース料理でもヘルシー。
・・・胃にやさしくて美味しかった♪

一緒したmineちゃんとお料理の話、TVの話、東方神起の話・・・etc
お気軽なオタッキー話に花を咲かせてのんびりとランチ。


*

その後同じく代官山にある、mineちゃんの友人ご夫婦のイエメンコーヒーのお店へ移動。
開店まもないお祝いのお花の溢れるお店で美味しいコーヒーとお菓子ををいただき、
(別記事でUPします)恵比寿駅までブラブラとお散歩。

駅に着きmineちゃんから出産への激励をもらい仕事に戻る彼女と別れ、
私は駅近くの東京都写真美術館へ。

f0162319_1212477.jpg

                                       美術館前のスロープ

3/8-5/8まで、芸術写真の精華~日本のピクトリアリズム 珠玉の名品展~および
夜明けまえ~知られざる日本写真開拓史 四国・九州・沖縄編~開催中。

”ピクトリアリズム”とは絵画を模倣することによって写真の芸術性を確立しようとする絵画主義の事。
大正時代のソフトフォーカスの写真たちに釘づけでした。
写真って自由だわ。。

”夜明けまえ”は幕末から明治初期の日本の激動の時代の写真たち。
スライド上映などもあり、この時代が好きな人にはたまらないおもしろい企画。
着物に短髪、芸者、帯刀姿の武士に洋装の子供・・・混沌としていた時代の匂いまで感じられそうな、
リアルな雰囲気の写真多数です。


<東京都写真美術館>
http://www.syabi.com/

[PR]
by cafe-elefante | 2011-03-10 12:19 | おなかにやさしい外ごはん | Comments(2)

最近の我が家のお助け食材、フライドオニオン。

スープやサラダ、おひたしにチャーハン・・・
これらに淡路島産のフライドオニオンをパラパラと加えると味がしまるので重宝しています。
以前、玉川高島屋で開催された週末マルシェで購入して以来リピート。
原材料は玉ねぎ、なたね油、小麦粉のみで袋から出すと玉ねぎのよい香りがします。

f0162319_9271166.jpg


今回は何という事のない野菜スープにひとふり。
自分では叶えられないおしゃれな味に変貌。笑

f0162319_927414.jpg



f0162319_9455825.gif

今朝は雪が降っています。
しんしんと降り積もり、あっというまに窓の外は白銀の世界に変わってしまった。
本日も裁縫日和となりそうです・・・。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-03-07 09:50 |  スープ・お椀 | Comments(2)

f0162319_13515889.jpg


本当は”稲庭うどんの蟹みぞれ”を作る予定だったのですが、
どうもお正月から蟹を食べるとNGな体質(多分妊婦の間だけ)に
なってしまったようなので、おもちを使って”ちからみぞれ”にしました。

ちからみぞれ、というおうどんがあるかはわかりませんが、笑
消化のよい材料を組み合わせた、しっかりとお腹いっぱいになる一品です。

おなかにやさしくする為に薬味はつけませんでしたが
大根おろしに黄ゆずを添えたり、ゆずこしょうや七味などで
辛味をつけてもよいと思います。

器はしじみ椀。
伏せた形がしじみに似ているからそのように呼ばれているようです。
汁物はもちろん、丼ものにも重宝しています。

塗りの器は風景が映りこんでしまうので撮影が大変だけれど、
その点でもこのお椀は便利なのです。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-01-21 14:03 |  スープ・お椀

f0162319_123655100.jpg


あけましておめでとうございます。

ブロガー皆様の賑やかな新年の様子、楽しく読ませていただいています。

私はというと、夫の入退院&介助や諸事情で激腰痛の年末年始を過ごしてました。
今回は腰の様子から、おせち造りはやめようと思っていたのですが、
年末の食品売り場の華やかな雰囲気にうっかり乗ってしまった事、
(やはり、日本料理を学ぶものとして3品は作ろう・・・)という妙なプライドから
例え作れなくても保存がききそうな食材達を購入。

しかし・・・いったん作り始めると止まらなくなり、椅子に座ってでもズンズン作る。
大掃除を済ませた大みそかには腰痛がままならなくなり、
元旦、実家で母の手作りの祝い膳を親族で囲み、皆が解散した正月2日に撃沈。。

昨日は1日寝ていたので今日は腰痛もほぼおさまり復活。
でもこの先数日はおとなしくしている予定です。

それらの反省から今年の目標は
「その気持ち 事情に応じて ダンシャリ(断捨離)を 」にしようと思います。

*

写真は、今年もおなかにやさしいおせち料理の代表として、
栗きんとん、五万米(ごまめ)、焼ほたての一味添えの3種、
それと煮豚&煮卵、関東風お雑煮です。

昨年は白糖を使わなかったので”栗くろとん”になってしまいましたが
今年は無事に黄色のきんとんが出来上がりました。


本年も拙ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-01-03 13:24 |  薔薇以外の写真 | Comments(14)