<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ガラスの中の街

f0162319_23163531.jpg


ラ・フランスに、快晴の二子玉川の街が写りこむ。

11Fにあるイタリアンレストランからの眺め。
ここからとぉく南には六本木ヒルズ、北には秩父連山が望めます。

撮影:i-phone/Hipstamatic

*

この週末はおだやかな気温でした。

そんな中、わが兄弟は今年も無事に東京マラソンを完走。
お天気に恵まれて走りやすかったようです。
(昨年は極寒の雨の中、撮影にでかけたんだよなぁ)

走者がゴールした時間がわかれば、ネットでゴールシーンが見られるのですが
ちゃんと映っていた彼を発見してなぜかクスクスと笑いが止まらず・・・。
公の場で身内を発見すると笑いがこみあげてくるのは何故でしょうか。笑


**

いま観たい映画が2本。
上映中の「英国王のスピーチ」と「恋とニュースのつくりかた」。
前者、イギリス映画の皮肉を含んだ笑いが結構好きで・・内容も興味深し。
主演のコリン・ファースはとても素敵な俳優さんなのに、私の中ではいまだ
映画「ブリジット・ジョーンズ」の鹿のセーターのインパクトがぬぐえずにいます。ごめん、コリン。
後者はアメリカのお仕事女子のコメディ映画。
これはDVDでもいいけれどね・・なるべく時間をつくって行きたいです。

明日は雨で月曜日でお仕事。うー。
よい1週間にしたいですね。
おやすみなさい。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-27 23:40 |  薔薇以外の写真 | Comments(0)

f0162319_1005763.jpg


金沢の加賀麩の店「不室屋」が営むカフェでランチとデザート。
六本木ミッドタウン3F、サントリー美術館に併設されています。

年中無休の店内はこじんまりとしていて和モダンのしつらい。
美術館の休館日に伺ったので待たず入れてのんびりできました。

消化がよくおなかにやさしいお麩料理は、どの器も雅な雰囲気の味と盛り付け。
金沢出身の友人の大プッシュもあって訪れたけれど、来てみてよかった。
しかし東京で生麩を食べる習慣がないのは何故かしら。

お麩は味が強くないので料理の応用の幅が広いですね。
スクエアの鉢に入っているごま麩の小鉢はほんのり甘いゆずで味付けされていて、
自宅でも真似できそうです。


f0162319_1013290.jpg


デザートは「不室屋パフェ」。
ランチプレートですでにお腹がいっぱいだったけれど、お茶をいただきつつ
テーブルの上にあった開催中の美術展(マイセンの300年展)の図録を眺めていたら
胃がいい具合に落ち着いてきたので追加注文。(やっぱりお麩って消化がいいのね)

豆乳のアイスクリームにお麩と黒蜜ゼリー。
これまたおなかにやさしいパフェでした。

大満足でお店を後にして銀座へ。

<不室屋>
http://www.fumuroya.co.jp/


f0162319_9584023.gif

今朝はびっくりするほど暖かで、桜が咲く頃の陽気のようです。
そんな今日もこれから外食。
この食欲、もうどうにも止まらない・・・
[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-25 10:02 | おなかにやさしい外ごはん | Comments(4)

夏の帽子~Athena New York~

お天気がよかった先日、一人地下鉄を乗り継いで東京散歩。
六本木でランチして、銀座のバーニーズニューヨークへ。

目当てはアッシーナ・ニューヨークの夏の帽子。
麦わらではなくパルプを使っていて形がつけやすく軽い帽子です。
欲しかったデザイン(RISAKO)とリボンの色の組み合わせを頂いてきました。

クラッシックなデザインだけど意外と様々な洋服に合うようです。
帽子の内側にアジャスターがついているのも便利♡

<Athena New York>
http://www.athenanewyork.com/home_02.html
(ショップのサイトには全国の取扱い店舗も掲載されています)

その後はバーニーズの2階と銀座三越の3階をウロウロ。
この2か所で好きなブランドをほぼ網羅できるので好きです。
帽子も購入して春物が揃った売り場も楽しくてテンションあがる。笑
昔は銀座松屋の2階と有楽町阪急の4階を愛していたけど最近は新装三越LOVE。


f0162319_1014266.gif

最近は感じたことを何でも記事にしてます。
臨月が近く腰痛で(歩くのはいいけど長い間立っているのが辛い・・・)
お料理を全然してないので”おなかにやさしい料理”から
遠ざかっていてお料理記事が載せられないというのもあるのですが、
単にブログ書きたいモードでもあります。^^

そんな訳でブログの題名とどんどんかけ離れていってますが
おつきあいいただけたらうれしいです。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-24 10:08 | 日々のこと | Comments(2)

f0162319_1641560.jpg


きょうは最近のコトなどボソボソと・・・

韓国料理もソウルの街も好きだけど、韓流やK-POPはあまり・・・というか
一部の有名俳優以外はほとんどわからない。

でも最近知ってしまいました。
東方神起という人たちを。(おそすぎ)
しかも解散?していまは2人しかいないらしい。

友達のmineちゃんから彼らの事を少々聞きかじっていたのもあって、
興味本位でBSで韓国の歌番組をみていたら、あ・き・ら・かに他のスターたちと
違うオーラの2人が出てきて、歌い踊る・・・それが東方神起でした。

という話を、最近会った友達たちに話すとみんなかなり乗ってくれる。(すごい!)
基本、童顔の若い男の子はちょっとNGな私なので、
二人のうちでは年上の子がいいというと仲間外れになっちゃうのはなぜ?
彼は人気ないのかしら?
しかし、あれだけ背丈があってあの踊りとスター性はすごいですわね。
とりあえず、彼が何という名前なのか調べないと。


f0162319_1771094.gif

話は全然かわるけど、日本昔ばなしがいよいよDVD化されるとのこと。
好きでした、あの番組。
オープニングの曲を聞くと、いつも番組を観ていた70年代の祖父母の家の居間のしつらえや、
のんびりした昭和の空気が思い出とともに押し寄せます。

龍にまたがったデンデン太鼓の子のアニメは出てこないけどよかったら歌だけでも。




坊や よい子だ ねんねしな

今もむかしもかわりなく

母のめぐみの子守歌

遠いむかしの物語


シンプルな歌詞なんだけどなんだか目頭が熱くなる私。笑
今もむかしも寝入る子供の傍には、
子守歌を歌ったり物語を聞かせるおかあちゃん達がいたのですねぇ。

そいでもって自分の子供には、ゲームも漫画も古典文学も日本昔ばなしも
それぞれにおもしろい所があると感じてもらえたら理想的なんだけどと思ってみたり。


*

写真はやさしげな夕焼け雲。
縦に延びるのは、たぶん飛行機雲のなごり。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-23 17:27 | 日々のこと | Comments(8)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-22 09:22 | おなかにやさしい外ごはん

f0162319_11481483.jpg



「うんざりだな、きみには、まったく」

ぼくは心のなかでそう返事をする。そして考える。

この世でいっしょにどこかへ行ってしまいたいのは、

この悲しみだけ、この言葉のない悲しみのほかになにもないのを、

どうすればぼくの天使はわかってくれるのか。ぼくの痛みは

ぼくだけのもので、ぼくのたましいだけのものだと。

妻にだって、いとしい娘にだって、これだけは譲れない。

愛する者たちにも、公平には頒けられない。




「ウンベルト・サバ詩集」から「妻」より抜粋

須賀敦子訳


*

”ぼくの痛みはぼくのたましいだけのもの”と詠うサバ。
男性の強さと女性の強さはまったく別の性質のものだ。
そして、男性は繊細だ・・・。


f0162319_12175213.gif



今日は風が冷たい1日になりそうです。
体感温度はなかなか春に近づきません。

でもあと1ヶ月もすれば南国では桜も咲き始めるのでしょうね。
もうすぐ、もうすぐ。

お休みしていたコメント欄を再開しました♪
[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-21 12:22 | ~ウンベルト・サバ詩集より~ | Comments(2)

嵐の朝の前ぶれ

f0162319_1004552.jpg


翌朝の嵐を予感させる、怪しく黒くたなびく雲の帯に夕陽が輝く。

低気圧が通過する時、心身ともに妊婦はストレスにさらされるらしく、
例にもれず、嵐前夜は私も大荒れ。
その果てにサンドバックになった夫。

私:「この不調は全部あなたのイクメン度が低いせいです」
夫:「うーん、そう言われてもなぁ・・・」

わたしの理不尽極まりない言葉の数々・・・。
夫だってまもなく激変する生活に多少の不安と心配を抱えているはず。
赤ちゃんがいる幸せも理解しているだろうけれど、4年近く続いた
大人だけの静かで落ち着いた日々はしばらく無くなる事は確か。
それなのに・・・お気の毒様でした。

*

翌日、出産予定日が5日違い(ものすごい偶然!)の元同僚で親友のNとお茶。

事の始終を話すとNは、
「それも妊婦の夫のお仕事だから仕方ないわよ」と、あっさり片づけてくれた。
同じ夜、Nも激しい腹痛で産まれるんじゃないかと思った程不調だったらしい。

その後、私が昨夏のNHKスペシャル「私たちの祖先ほ乳類」について熱弁をふるう。

私:「卵で産むと恐竜に食べられちゃうから母子ともに行動できるように胎盤が発達したらしいよ!」
N:「えー!すごいね。でももう恐竜はいないから卵で産みたいね。きっと分娩より楽だよね。」

相変わらずNらしいオモロ視点。

帰り際、二人の臨月姿をショップの店員さんに頼んで写真に収めた。
お互い着込んで黒づくめだった為、
ただの貫録のいいおばちゃんが二人、でーんと写っていて爆笑。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-19 10:31 |  薔薇以外の写真

f0162319_16252820.jpg




イタリア関係のちいさなパーティーに参加。
うっかりスプマンテを1杯だけ飲んでしまいました。わはは。
数ヶ月ぶりのシュワシュワお酒、美味しかった♪

ところで、今回気づいたこと。
イタリアに関わる日本人のおじさま達って皆様どこか似ている。

・ひげもしくはロン毛(襟足にかかるくらい)
・洋服はダーク色でコンサバ(ジャケット&セーター&シャツ&センタープレスのパンツ)
・靴は紐靴
・女性とのおしゃべりが上手(いい意味で性別越えられる!)
・太っている人がいない

理由はわかりません。
でもみなさんリタイアされても人生楽しそう。
なんて勝手に想像したりして・・・。

お酒もまわり始めパーチーも終盤に入り、
私のせり出したお腹を囲み話題はいつしかベビーの名前に。

「イタリア人でも呼びやすい名前がいいよね」
「Hから始まるのはダメだよ」(イタリア語ではHを発音しない)

と、最初はまともだったのに、

「アントニオは?呼びやすいよ」
「渋いとこでチェーザレとか」 (古典的!)
「サルバトーレでトト」
「個人的にはマルチェロがすきだなぁ~」

みなさん、人の子だと思って好き勝手盛り上がる。
しかも全然知らない人まで!(どないなっとんねん・・・)

夫が外国人ならともかく、間違いなく純和風顔で産まれてくるだろう息子を
わたしはマルチェロとは呼べません。(--;)


お腹も張ってきたので、一足お先に退散。
それにしても、みなさん陽気で楽しい人ばかりでよい気分転換になりました。

*

写真はいつかのローマの空。

到着翌日に市場で薔薇を買ってきて、
滞在中ホテルの部屋の窓辺に飾っていました。

ルームクリーニングの方が時々キレイに活けなおしてくれたり、
薔薇の横にチョコを置いてくれていたり、
姿はお見かけしなかったけれど、この薔薇を介してのよい思い出があるのです。

抜けるような青色だったローマの空。
今度はいついけるかしら・・・。むーん。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-16 16:34 | イタリアとイタリア語

また、降りました。

今朝5時半、(まだ誰も新雪を踏みしめていないだろう)と予測して公園を眺めると、
前回の大雪の日と同じような場所に同じような足跡。

f0162319_9263945.jpg


むむ、2匹?
いや、よく見ると1匹が行ったり来たりしているみたい。

f0162319_926523.jpg


足跡の主はたぶん、ちみ!
ここの辺りをテリトリーにしているもの。

昨夜は肉球も冷えたでしょうねぇ。
今朝は晴れてよかったね。

f0162319_1922192.jpg


あ、もしかしてこの辺りにお住まい?
[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-15 09:38 |  薔薇以外の写真

f0162319_10331027.jpg


ラ・ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)・・・なんて、
ロマンティックな意味をたくさん含んだイタリア語ではなくて
直球の意味で甘い生活(甘いお菓子に溢れた日々)が続いています。

f0162319_1033186.jpg


写真のチョコはウィーンのホテルザッハーの詰め合わせ。
外側のチョコはとても薄くパリっとしていて、
中はそれぞれトロリとしたブラック&ミルク&ホワイトのチョコレートが。。美味。

まだまだ冷蔵庫にはチョコレート。
今年のバレンタインは日本で買わずに夫のお土産で済ませる予定です。^^:


*

いつもブログへアクセスしてくださってありがとうございます。
本物のチョコは差し上げられませんが、
バレンタインデーによせて、日頃のお礼を申し上げます♡

しばらくコメント欄おやすみしますね。
再開の際にまたお気軽にコメントお寄せていただければとてもうれしいです。
[PR]
by cafe-elefante | 2011-02-14 10:48 |  ドルチェ・甘味・パン