カテゴリ: アジア( 12 )

子連れソウルの旅 番外編

f0162319_23144286.jpg


ソウル滞在中の数少ないお買い物の一つ、シャネルのアイシャドウ。

アイシャドウを何色か使い分けて仕上げる時間も気力もない今、
単色で何かよさそうなものはないかと探していて見つけたものです。

平筆でまぶたの外側に向けてぼかしていくだけ。
あとはアイラインとマスカラでアイメイク完成だけど、
独特のラメ感が地味すぎず派手すぎず・・気に入っています。
カラーナンバーは82。

なんども書いているけれど、新しい化粧品が一つ加わるだけで
気持ちが軽やかになるので、買ってきてよかったなぁと。

写真がピンボケですが大目にみてくださいませ♡


*


帰宅して夫にいろいろと旅の報告。
夫は韓国の経済事情などをつらつらと・・・

これまで日本メーカーからたくさんの技術者がヘッドハンティングされて渡韓し、
そしてこれから韓国が欲しい日本の技術は何で、現在すごい勢いで
その業界の人材のヘッドハンティングが行われているなど・・・。

1歳8ヶ月のぼんちゃんが成人して生きていく日本はどんな世界なんだろう・・
と、夫の話を聞きながらぼんやり考えていました。

勢いのある韓国は原発をたくさん抱えているから、電気は豊富で眠らない街で、
でも不正や汚職の結果、原子炉に穴があいてる事件が先月ありましたね。
人間に原発の管理なんてできないのでしょうね。
イタリアは我々イタリア人に原発の管理はできないと再稼働の法律が無効になりました。
稼働するならフィンランドのようにそれなりの報酬で、
原発敷地内に社員が暮らせばいいと思いますよ。ほんとー。


まもなく選挙、311は昨年の話なんですけどね。
政治家はみんな忘れちゃった訳?!

あ、話が飛びました。シツレイ。


**

気付けば師走。

今年は大掃除は早めにすませて、年末はささっと仕上げるだけにしようと思って
コツコツ始めています。
年季の入った掃除機を破棄して新しい掃除機を買ったので、
どんな場所もブイブイ掃除しちゃって、もうね、そりゃもりもりやってますわよ、奥様。

で、年末はひさしぶりにお菓子など焼いてみたいな。
マドレーヌとか。(←また小学生レベル)

そう今年の年末は何もしない。
のんびりします。
遠ざかっている映画鑑賞や新しいCDも聴いたり。
たまにはそれもいいですよね~



だいぶ冷え込んできましたね。
みなさまお風邪など召されませんように。。
[PR]
by cafe-elefante | 2012-12-03 08:40 |  アジア | Comments(0)

子連れソウルの旅 ③

ソウル市街観光は渡韓4回目にして初めて。

この日のソウルは快晴。

冷たい風も心地よく感じるほど気持ちのいい日でした。

ぼんちゃんのお散歩のために、景福宮(キョンボックン)という李氏朝鮮時代の王宮跡へ。
民族資料館などがある景福宮はとても広くてぼんちゃんものびのびお散歩。

f0162319_2240943.jpg
f0162319_22403389.jpg


少し見ごろはすぎていたけれど紅葉もきれいでした。

f0162319_22405046.jpg


今にもチャングム(宮廷料理人ドラマの主人公)が出てきそう。

f0162319_22544129.jpg
f0162319_22555873.jpg


実際、宮廷の台所の遺跡が見つかったそうで、その場所に近々再現されるそうですよ。

景福宮の歴史が書かれたサイトのリンクが上手くできなかったので、
ご興味ありましたらwikiってくださいませ。

*

ホテルから景福宮まで運よく日本語可能タクシーの運転手さんの車に乗り、
目的地までとても近かったので付近を少しだけ観光して頂きました。
(タクシー代は500円くらい。安すぎるくらいだけど・・・)

日本語を勉強して優良タクシーになった事、まだ勉強中だけど
中国人観光客が爆発的に増えて中国語を学ばない訳にはいかなくなり始めたけれど
難しくてすごく大変な事など、観光案内の合間に色々お話されていました。

「ソウルは北朝鮮と国境が近いので観光に来るのも少し怖いですか?
でもソウル市民は100%戦争は起こらないと思っているから大丈夫ですよ」と。
なぜですか?との問いに色々お話されていました。

ぼんちゃんの事、日本のどこから来たか、次期韓国大統領選の話・・・話題は尽きず、
20分くらいだったけれど今回利用したタクシーの運転手さんの中で一番よい人でした。
観光の日にこのような人で本当によかった。

まぁ今回は悪い人はいなかったけど・・・
帰り、空港へ向かうために漢河(巨大な川)を渡ったのに
何を間違ったか再び漢河わたりなおした運転手さんもいましたよー。
ソーリーソーリーと言いながら途中でメーター切ってましたけどね。(当然)
どうしたらそうなっちゃうの?謎。。


今までのソウル旅といえばいつもマイナス10~18度の極寒ソウルだったので、
のんびり散策できてソウル中心地の印象が変わりました。


でもこれでしばらく海外旅行は無理そうだなぁと。
ぼんちゃんは大人しいほうだけど、それでも男の子。
じっとしている時間はどんどん短くなり、旅となると普段以上の体力勝負なので、
彼が一人で映画をみたり本を読んだりするようになるまでは私も我慢・・・の予定。


**

さて、友達から歩き始めた子供と海外いっても買い物できないよーと言われて
(そんなものかなぁ)と思っていたけれど本当にできませんでした・・・(涙)

ハワイの時はまだ彼は歩いてなかったからのんびり買い物できたけど、
今回はアイシャドー1本と韓国海苔と夫と弟へのマフラーのみ。。(ちーん)
まぁ、そのぶん母が自分の気に入ったものを買えたからよしとしよう。

アイシャドー、結構おもしろいので次回ご紹介します♡
[PR]
by cafe-elefante | 2012-11-27 23:12 |  アジア | Comments(2)

子連れソウルの旅 ②

滞在二日目、昼食に向かったお店が大混雑だったのであきらめて、
景福宮の近くの細い路地を散策。

途中、母が「ここよさそう」と言うので訪れた韓国家庭料理のお店「CAFE №37」。
開店まもないお店のようです。

f0162319_2242218.jpg


清潔でかわいらしい店内の2階でお食事。

f0162319_2245212.jpg


子供用のカトラリーもかわいらしい。
野菜のビビンバとマンドゥのスープ、白ごはんなどを注文。

f0162319_22452521.jpg



全体的に薄味。
付け合せのキムチや海苔や干タラ(多分)の辛めの佃煮などで辛味を調節する感じ。
基本の味が薄味だと子ども連れにはとても助かります。


アジアはお米文化なので子どもの食事には困らないだろうなと予想して来たけれど、
案の定、海苔巻きや魚の出汁のスープなどぼんちゃんも美味しくいただける食事が多く
一安心でした。


*

帰り際に、父子が隣の席へ。
韓国版イクメンと思しき(かなり素敵な)父と幼稚園くらいの男の子は、
ぼんちゃんに興味深々。

父はニコニコと見つめ、男の子は何か話しかけてくれるも言葉がわからず。
アニョーアニョーと言ってくれたのでバイバイと言って別れました。
アニョ(じゃあね)くらいは理解していてよかったわ。笑

親子で来店という事は、子供連れに人気のお店かもしれません。


※ハングルが読めず正確な店名がわからずごめんなさい
[PR]
by cafe-elefante | 2012-11-24 23:09 |  アジア | Comments(0)

子連れソウルの旅 ①

f0162319_2336470.jpg


先日、わたしの親友とそのお嬢さんとお母様、私とぼんちゃんと母の計6名で
初冬のソウルを旅しました。

同じ日程で同じホテルに泊まり、時には一緒に食事をして、
とても楽しい旅となりました。

親友の一人娘のMちゃんは小さなぼんちゃんをとても可愛がってくれて
ずっと手をつなぎ、ぼんちゃんもおとなしく手をつながれていて
なんともほほえましい風景でした。

写真もムービーもやまほど撮影。笑

*

夜、親友と私は例のアレのアレがソウルであったので二人でおでかけ。
(子供とばーば達はお留守番。ありがと。みんな)

アレの後、夜の街をお散歩してお買いものして深夜まで飲んで帰りました。
こんな夜は産後初めてだったので、た~のしかった☆

とはいえ、もうかなり寒いソウルの街。
お酒をいただいたのは宿泊先のホテルのバーで。
ほろ酔いでもお部屋に帰るだけだから楽ちんでしょ?(笑)

f0162319_0113055.jpg


バーテンダーに色々とカクテルと注文するものの「知らない&レシピない」と
返されるのでこちらで説明しながら彼が一生懸命作ってくれたお酒はどれも美味。
しかも勉強料という事でお代は頂きませんとレシートを持ってきた彼。
ごちそうさまでした♡

食事以外は家族行動だったので、あと少しその時のことを書きたいと思います。

f0162319_024693.jpg


往路はプレミアムエコノミーにアップグレードされ、ひろびろ空間で余裕のぼんちゃん。
ソウル線にはちいさな子供はほとんど乗船していないので、
客室乗務員にとっても大事にしていただいたぼんちゃんでした。
(ソウルにお住まいですか?と質問されました…)


つづく
[PR]
by cafe-elefante | 2012-11-22 00:13 |  アジア | Comments(0)

ロッテホテル・ソウル本館

初めて利用したロッテホテル。
新館と本館があり、どちらも免税店や百貨店と地下でつながっているので今回の雪など
お天気に左右されずに滞在を楽しめます。
前回のソウル滞在時にそんな利便性のよさを知り一度利用したいなと思い、
新館より泊りやすい価格設定で改装されたばかりの本館を予約。
予約時に利便性と共に(万が一出歩けない天気だったら・・・)という第六感が働いたのですが、
吉と出ました。^^
                <エレベーターホール>
f0162319_1431324.jpg

お部屋内部。
私自身、どんな風になったのかしらと思っていたので撮影してきました。
f0162319_1432235.jpg

室内の操作はベットサイドのタッチパネルで可能。
f0162319_1433158.jpg

f0162319_1434081.jpg

バスローブ、ドライヤー、タオル大・中・小があり、アメニティはホテルオリジナル。
環境保護の為、通常歯ブラシは付いていないソウルのホテルですがこちらにはありました。
f0162319_1434935.jpg

f0162319_143571.jpg

お水は500ml2本が毎日サービスされます。(奥の2リットルボトルはコンビニで購入したもの)
ポットとお茶、高麗人参茶のティーパックはサービス。


*

ツアー代金は飛行機(アシアナ航空成田⇔仁川)とホテル2泊(食事なし)空港ホテル送迎付きで
3万5千円程。(別途、要空港利用税)
ロッテ百貨店のデパ地下で現地の食材を眺めるのも楽しく、またお菓子やフルーツを買ってお部屋で
頂くことができたりと何かと便利でした。

少し慌しい旅となりましたが、お正月明けに2泊ゆったりとホテルライフを味わう事ができて、
それだけでよかったねと母としみじみ。
夫と行くタフな男旅も楽しいけれど、女同士の旅もまたよいものです。

ソウル旅の報告はこれにておわります。
お付き合い頂きましてありがとうございました!
[PR]
by cafe-elefante | 2010-01-11 15:28 |  アジア

マイナス14℃のソウル旅 ②

今回の旅の滞在先はロッテホテル・ソウル
ホテル内の装飾はシックなイルミネーションで統一されていました。
f0162319_2295387.jpg
f0162319_2210114.jpg

ホテルラウンジのお庭も雪が積もり幻想的・・・
f0162319_22183181.jpg
f0162319_22183974.jpg

タクシーから垣間見た街のイルミネーションもとても美しかったので、いったん部屋へ戻り一人で撮影に。
f0162319_2210108.jpg
ホテル前のロマンティックなイルミネーションの前ではソウルの若いカップルが写真撮影したりchu-したり。
風も強く、多分体感温度はマイナス18℃くらいなのに、若いってすばらしすぎるぅ・・・(--;
f0162319_22231177.jpg

f0162319_22101817.jpg

一方、アラフォーな私は数枚撮影したところで寒さの為ギブアップ。
そそくさと部屋へUターンしました。(笑)
f0162319_22104772.jpg

雪景色の新世界百貨店。
こちらのデパートのイルミネーションは見事で、百貨店の横には子供用の滑り台などもある
氷のオブジェがあり、夜景が美しかったのです。ご紹介できず残念。。
f0162319_22103920.jpg

繁華街で一番雪の多い場所でこのくらいだったけれど、現在はもっと雪は少ないでしょう。
寒さに慣れているのか、ソウルの若い女性達はタイツにヒールでこの道をさっさと歩いていてさすがでした。

f0162319_22105654.jpg

そして、去年に引き続き、今年も訪れた”明洞餃子”でカルククス(うどん)をいただきました。
日本と同じ食感のおうどんにワンタンが乗っていて食べやすく体があたたまります。
そして、ここのキムチはちょっと特別。
少しすっぱくて、口からゴーッと音がでそうな位辛いのだけど食べ始めたら止まらない!
うどん→キムチ→うどん→ごはん→キムチ→うどん・・・の変則三角食べで至福のおうどんタイム。

今回は、こちらのうどん(カルククス)と鮑のおかゆをメインに旅の食事を楽しみました。
他にも食事の予定があったのですが、残雪の為、最終日空港への出発時間が早まってしまい断念。
でも、次回の楽しみにしようと思います!

*

写真はこれでおしまいです。
滑ってカメラを落としたりするのも怖くてあまり持ち歩かなくて。
撮影の楽しみも次回にまわそうと思います。

明日は改装されたロッテホテル本館のお部屋を紹介しますね。
新館に比べ、宿泊しやすい価格設定ですがとても快適でした。
[PR]
by cafe-elefante | 2010-01-10 23:49 |  アジア | Comments(4)

気温マイナス14℃のソウル旅 ①

旅から戻りました。

母と二人で2泊3日の韓国ソウルへの旅。
出発二日前の1月4日、ソウルは107年ぶりの大雪(猛雪)にみまわれ、気温はマイナス14℃。
それは広大な漢江(ハンガン)も凍る冷え込みで、あっちからこっちまでズーンと厚い氷で覆われてます。
(車窓から撮影)
f0162319_13394760.jpg

あ!川岸にお散歩中の方・・・
f0162319_1340441.jpg


現地の方の話では、漢江は毎年凍るけどこんなに厚く氷は張らないとのことです。
マイナス15,6℃も毎年のことで、でも今年は例年よりも寒くなるのが早いとか・・・

大雪後の繁華街は、主な歩道や車道は雪かきされていてミョンドンも普段通りお買い物が可能でした。
(ソウル市は膨大な費用を費やして雪かきをした。と、タクシーの運転手さん談)
ただ陽のあたらない細い路地には雪が残り、それが厚い氷となっているので近々渡韓される方は
ご注意くださいね。

さて、私にとってマイナス14℃という気温は人生初体験でした。
印象に残っていることを箇条書きにしてみます。

①外を歩きまわるのは20分が限界
②5分以上素手で一眼レフカメラを持っていられない
③プラス10℃(東京)からマイナス14℃(ソウル)の温度差24℃を2時間で移動するとあくびが止まらない
④キムチとマッコリが猛烈に美味しく感じる

*

母と昨年秋から行きたいねと話していたソウル。
母の胃の検査の結果がよかったので、年明けになったけれど無事に行って来ました。
体調を気遣ってお肉や辛いものはあまり食べなかった事で、結果的におなかにやさしいソウル旅ができて
わたしにとってもよかったかもしれません。(と言いつつキムチとマッコリは頂きましたが・・・^^;)

今回はあまり写真はないけれど、次回から撮影できた分をUPしますね。
[PR]
by cafe-elefante | 2010-01-09 14:31 |  アジア | Comments(10)

雪の国


f0162319_14454497.gif
これから少々でかけてきます。
かの国は、数十年ぶりの大雪にみまわれているそうです。
それではいってきます。
[PR]
by cafe-elefante | 2010-01-06 14:46 |  アジア

ソウルの旅 ~インサドンのカフェ~

f0162319_17201059.jpg



最終日に訪れたインサドンで探していたカフェが見つけられず、時間もなくなってきたのでふらりと入ったカフェ。

f0162319_17175444.jpg
3階まである割と大きなカフェで、日本語メニューもありましたが、この日は地元のマダムや学生がのんびりお茶をしていましたよ。

f0162319_17431384.jpg
オブジェとして干菓子の型がたくさん置かれていました。落雁は大陸から来たのがわかりますね。どんなお菓子に使っていたのかしら?

f0162319_1731721.jpg
2,3階は静かで、女同士まったり・・・の雰囲気。。 


f0162319_1718855.jpg
私は伝統菓子となつめ茶をいただきました。干し柿に胡桃がつつまれていておいしかった♥
俵型のお菓子はサルカンジョン。
軽くてふわっふわです。 

f0162319_17292627.jpg

母はおしるこに挑戦。塩が効いていてあっさりしたお味。 

f0162319_1742025.jpg

 ”茶”という名前のお店かな?
帰国後、ガイドブックで調べたけど載っていませんでした。
日本の古~い蛇の目ミシンがおいてあったりとなかなか雰囲気のあるお店で、お茶も美味しかったです。


f0162319_17462123.jpg



この他、ミョンドンの街中ではソウル在住で素敵なお写真とソウルの情報がいっぱいの
yossyさんのブログで紹介されていたangel us caffeへも立ち寄りました。
yossyさんのお話では、韓国の方は紅茶よりもコーヒーを深く愛しているそうで、それぞれのカフェでコーヒーの味はもちろん、椅子にもこだわりがあるそうです。
angel us caffeは天使のイラストが目印。コーヒーもおいしかったですよ^^

駆け足の初ソウルでしたが、濃密な時間を過ごすことができました。
ぜひまた行きたいな。
それにしても韓国の男性って背が高いですねぇ・・・
女性も細い人が多くて、みんな姿勢がよかったな。(わが身を振り返り反省・・・)

ソウルの旅の思い出はこれでおしまいです。
お付き合いくださってありがとうございました
[PR]
by cafe-elefante | 2009-02-09 18:12 |  アジア | Comments(4)

ソウルの旅 ~食について~

今回絶対食べようと決めていたのがこちらの2品。

f0162319_1123841.jpg

まず、「明洞餃子」店のカルククス。
うどんのような麺にわんたん?と挽肉が乗っています。
炒めた玉ねぎやニラなども入ったスープもとても美味しくて、栄養満点という感じ!
ご飯とキムチがつきます。

ここのキムチ・・・・独特な味がします。
膨大なにんにくの量を感じさせる酸味の強い香り、
そして、その辛さは飲みこんだ時にゴーっと火を噴きそうなくらいでした。
辛いのは平気なんですが、こちらのキムチはあまりの辛さに涙が・・・。
相当お肌によさそうです。

空港への往復送迎だけしてくれた、ヘリョンさんそっくりのノリノリガイドさんも、
「あのキムチ食べた?すごいよね!あれはね、家でも絶対再現できないのよ!!」
とお話してくれました。

それにしもここのお店は地元の人でいっぱいです!
それが何よりも美味しさの証明ですよね~。

f0162319_11225735.jpg

そして、友達のmineちゃんもコメントに載せてくれていますが、
「シンソンソルロンタン」店のソルロンタン。

ソルロンタンは韓国で主に朝や昼などの軽食に食べられている、
牛の肉、骨や内臓を10時間以上煮込んだ白濁のスープに牛肉とネギが入っているお料理。
私も朝ごはんにいただきました!

スープにご飯を入れておじやのようにして食べるのが一般的で、
またスープには味がついていないので、自分で塩、こしょうなどを入れて味を調整するそうです。
初めてだった私はそれに習っていただきました。

かなりさっぱりした香りと口あたりで、完食。
これまた、肌によさそうですわ。
(あ~韓国いってアレ食べたい・・・)と脳裏にブワっとよみがえりそうな1品です。

f0162319_1156576.jpg

どちらのお店もミョンドン地区(明洞)にあります。
ヘルシーだけどお腹一杯、そして辛味作用のカプサイシンのおかげでアドレナリンも出て、
大急ぎの旅も元気に乗り越えられました。
次回もこの二つは是非いただきたいです^^

明日はカフェについて・・・あと1回旅の思い出におつきあいくださいね。
[PR]
by cafe-elefante | 2009-02-07 12:09 |  アジア | Comments(4)

日々のこと、写真など・・


by kimmiy
画像一覧