素直な気持ちと「うさぎ小屋」と

人生を振り返った時、「そうですね」もしくは「そうだね」という、
素直な一言を発していたら、ものごとが丸くおさまっていたかもという場面が私にはありますが、
先日、うさぎ小屋にてまた反省する出来事が追加されまして。

f0162319_23311794.gif

夫が長期出張中に母子で動物園へ。

そこはとある広大な公園の片隅のこども動物園で、
主に小動物がいて動物大大好きな息子は大はしゃぎ。
(私は彼ほど動物が好きだった記憶は無いし、
自宅で飼うまでは犬も苦手だったから息子の動物好きはうらやましい)



そこで息子と一緒にうさぎ小屋でのうさぎ抱っこ体験に参加。

係りの方が私のひざの上に割と元気で大きなうさぎ(怖)を乗せてくれて
そのうさぎを息子がさわるというシチュエーション。

母、右手にビデオ、ひざに元気なうさぎ、左わきに息子を抱えるという
千手観音ばりのファイト。

でもね、まだ連れて行くには年齢が早すぎたようで可愛さを楽しむより、
息子は手を噛まれないためのミトンを自ら外して素手でうさぎをガッシと触ったり、
(その度にうさぎが冷めた目で私を睨む・・・)
飛び跳ねるうさぎたちを指さして「わんわん!わんわん!」と大はしゃぎ。


そんな息子をビデオ片手に追い回しながら息子がわんわん!と言うとすかさず、
「違う違う。わんわんじゃない、うさぎだよ。うさぎさん。」と私。

そのやりとりが7,8回繰り返され最後に息子が「わんわんだもん!」と言いたげに、
ギャーとキレれる場面で録画終了~。


(・・・・・・・・。)

録画を再生して無言。


動物園に2人で行ったという、ちょっと無理した状況を差し引いても、
なぜあの時「そうだね、うさぎさんいたね~」と優しく言えなかったのかしらと。

きっとあたしは日頃から、彼が何か言っても「そうなの?違うんじゃない?」と
否定的な発言をしている事が多いのだろうなぁと想像。

以来、気を付けております。

昨日も猫をみてわんわん!という息子に「どこ?あぁ、あれは猫さんよ」と言いかけて、
「あ~いたね~にゃんにゃんだね~」と。

息子はうれしそうに満面の笑み。

そうか。そうだよね。
いまは見つけたことを報告したいだけなんだよね。


図らずも素の自分がビデオに収まったおかげで色々反省しました。
(ついでに思い出しなくない過去も反省)

夫にも「そうだね」実行中。
妻として進歩するかなぁ。
したいとこだけどなぁ。


f0162319_132699.gif

子育ての記事が続いてます。
ちょっと書きたい気分で。。

紫陽花もきれいだからもう少し撮影して記事にしたいなと
頭では思っていますがどうかなぁ・・・
でも撮影はしたいと思っています。



7月ですね。
気づけば今年も折り返し。
みなさまにとってよい日々でありますように♡
[PR]
by cafe-elefante | 2012-07-04 00:01 | 子育て