京唐紙「唐長」KIRA KARACHO ~京都・四条烏丸~


京唐紙は襖の使用される版画の種類で、
現在では17世紀半ばに創業された「唐長」だけで取扱いされています。
1700年代~の版木600種類が保存され、今では襖のみならずインテリアや食器、
京小物全般に版画が使用されています。

f0162319_9261318.jpg


四条烏丸COCONの唐長アトリエ「KIRA KARACHO」で頂いた葉書4種。
それぞれの文様に意味があり、左の2枚には名前があります。

左から、

・「影牡丹唐草」・・唐草(つた)は生命力や繁栄の意 
・「信夫の丸」・・シダの葉の文様。葉裏にたくさんの胞子がつくことから子孫繁栄の意

右二枚、
 
・藤の文様で、同じ家紋や苗字や名前に藤がつく方に特に好まれるそう。
・波


4枚の葉書は額に入れています。


お懐紙は影牡丹唐草の文様。
都内でも京都でも気に入ったお懐紙を見つけると購入せずにいられない私ですが、
この優雅な文様のお懐紙は手にするだけで少々心が躍ります。

f0162319_9312876.jpg

f0162319_927047.jpg


初めて唐長を知ったのは2007年秋。
三条の陶然亭でお懐石を頂いた時、お店の片隅に分厚い「唐紙見本」なるものがあり、
初めて目にするモダンな文様達をしげしげと眺めていた時に
おかみさんから唐紙の説明頂いたことでした。

以後、京都の山に登ったり寺社を回ったりしているうちに3年が経過して
四条に宿泊した今回初めてゆっくりとお店に伺いました。

色々調べていくと市内では季節ごとの唐紙を用い催しも多く開かれ、
寺社などで唐紙展示などする事もあるようです。


KIRA KARACHO(四条烏丸COCON烏丸1F)
http://www.kira-karacho.jp/top.html

f0162319_10305331.jpg


唐長(修学院・三条・四条烏丸)
http://www.karacho.co.jp/contents/top.html
[PR]
Commented by honeyfire at 2010-10-14 13:06
日本は古くから紙の文化が優れてますよね。
紙を気品のある文化まで高めたのは、世界広しと言えど
日本ぐらいじゃないでしょうか。
襖の使用されたという京唐紙、美しいですね。
こういう模様はこちらでも紹介されるのなら、
東洋風の味わいのある壁紙として人気が出そうですね。
Commented by cafe-elefante at 2010-10-14 21:53
miraさま
こんばんは!
そうですねぇ。家紋や花模様などは世界中でみかけますが、紙用の文様が600種類以上あるというのが日本らしいかもしれませんね。
季節ごとにお店に並ぶ文様も変わるようで、
その繊細さも四季のはっきりしている国だからでしょうね。
欧州でも受け入れられそうですね。
Commented by vertd'eau at 2010-10-15 01:37 x
唐長さんがお好きなら、かみ添(北区紫野東藤ノ森町)はご存じですか?確か唐長さんから独立した方だったかな、唐長さんより少しモダンなものがありますよ。といらぬおせっかいな情報です。笑
私も無類の紙好き。京都には紙を買いにいくようなも
の。そしてせっせと恋人に手紙を書いています。笑
繊細さ、限りある美しさになんとも魅かれます。
Commented by tunamayo at 2010-10-19 09:47 x
唐長さん デザインの仕事をしている友人の紹介で名前だけは知ってたのですが
永い歴史があるんですね。それも版画って!! 
気が遠くなりそうな伝統の作業を想像しちゃいますね。
いつか訪れたいですが、私には敷居が高そう(笑)
by cafe-elefante | 2010-10-14 10:27 |  京みやげ | Comments(4)